朝日が昇る時


朝目を覚ますとうっすら赤みがかった空が見

え風も吹いていて気持ち良さそう!

起きる時間でもなかったのですが、ベランダ

から見てみると日の出前ですが、明るくなり

始めた空がとても綺麗でした。



朝日というといつも思い出すことがありま

す。それは20そこそこだったと思います。

誰よりも元気で大好きだった祖母が、急に体

調を崩し緊急入院してしまい状況はどんどん

悪化し、腎機能不全を起こし、経過観察で

家族全員病院で待機していた時夜も更けてき

て、なんだかわからない恐怖感とドキドキ感

怖くて怖くて!いつ呼ばれるのか、の不安も

あったのでしょう。
でもある瞬間、心も身体もふっと楽になって
あっもう大丈夫だ!と感じた瞬間がありましこの時窓の外で日の出前ではありますが、綺

麗な朝焼けが、そんなあさ日を見たしゅんか

んに、あっもう 大丈夫だそう感じた瞬間がありました!



今思うと祖母が何か言いたかったのかな?

なんて思うこともありますが、今は自分がパ

ワーストーンヒーラーとして自分のエネルギ

ー調整もできるようになり、もっと気持ちよ

くさまざまな事を感じる事が出来るので。

私の中では、いい思い出です。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj