チャクラって何?

チャクラ   サンスクリットで円  円盤  車輪を意味します。

仏教の後期  密教では人体の頭部 胸部 腹部などにあるとされる、中枢を

さし言葉として用いられます。

チャクラは生命エネルギー(氣)を人体へと取り入れる出入り口であり、と同時に全身へと巡らせる歯車

のような役割を果たしています。

チャクラは第1チャクラから第7チャクラ(高次の元チャクラ 第8チャクラ)

1つ1つのチャクラが車輪のように回って人体全体へエネルギーを巡らせることから

エネルギーセンターとも言われます。



全てのチャクラはそれぞれが影響し合いながらつながっているため、どこかのチャクラが長い間閉じてしまって

全体にエネルギーがめぐりません。

すると心身の不調や考えさせられる出来事など支障が現れてきます。

これはより良い方向に改善するためのチャクラからのサインです。

全てのチャクラがバランスよく活性化しているとあなたはエネルギーに満ち溢れ 心  体  魂

全てが健康で幸福な人生が送れることでしょう。

チャクラとオーラには密接な関係があります。

チャクラが活発ならオーラに輝きを与えます。オーラがクリーンでチャクラがきちんと活性化

していると

     口から出る言葉が変わります。

     思考が変化し、ポジティブになるます。

     小さなことで怒ったり、頭にきたりしなくなります。(気にならない)

     直感力が増します

     必要なものや人チャンスなどを引き寄せることが出来るように
     なります。

     人に優しくなれます。(自分の心にゆとりができるから)

?Gg[???ubN}[N??